『この世界の片隅に』を配信している動画配信サービス

クラウドファンディングにより制作費を集め、公開劇場が少ないにもかかわらず日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞したアニメーション映画『この世界の片隅に』を配信している動画配信サービス(VOD)、『この世界の片隅に』を見るのにおすすめのVODを紹介します。

結論から言うと『この世界の片隅に』を見るならAmazon Prime Videoをおすすめします。

では詳しく見ていきましょう。

すずさんのありがとう

この世界の片隅にを配信しているVOD

今回調べたVODはAmazon Prime Video、Netflix、U-NEXT、Hulu、FODプレミアム、dTVの6つのVODです。

Amazon Prime Video
Netflix
U-NEXT
Hulu
FODプレミアム
dTV

◎=見放題、△=レンタル、×=配信なし

この世界の片隅にを見るならこのVOD

Amazon Prime Video

まずおすすめするのがAmazon Prime Videoです。

Amazon Prime Videoはとにかくコスパの良いVODです。

30日間の無料トライアルが可能なので30日以内に解約すれば無料で見ることができます。

Amazon Prime Videoはアニメ、洋画・邦画などの映画、国内外のドラマバラエティ番組など幅広いジャンルの作品を多数配信しています。

そしてなんと言ってもAmazon Prime VideoはAmazon Prime会員のサービスの1つのため動画以外にもAmazonで購入した商品の配送料が無料になったり、音楽の聴き放題サービスが利用できるようになったり、電子書籍読み放題サービスなど様々なサービスを追加料金なしで利用できるようなります。

さらにこうした特典を月額500円もしくは年会費4900円という安価の値段で利用することができ、コスパがかなり良いです。

唯一弱点なのが動画作品の入れ替わりが激しく、見ようと思っていた作品がいつの間にか配信終了していたなんてことがあることです。

とはいっても入れ替わりが激しい分次々と作品が追加されるので飽きること無く楽しむことができるというメリットも同時に生まれます。

気になった方はまず30日間の無料トライアルを試してみてください。


本サイトの情報は2019年12月現在のものです。最新情報は各VOD公式サイトよりご確認ください。

基本情報

監督片渕須直
公開日2016年11月12日
上映時間129分
アニメーション制作会社MAPPA
配給東京テアトル

ストーリー

18歳のすずさんに、突然縁談がもちあがる。
良いも悪いも決められないまま話は進み、1944(昭和19)年2月、すずさんは呉へとお嫁にやって来る。呉はそのころ日本海軍の一大拠点で、軍港の街として栄え、世界最大の戦艦と謳われた「大和」も呉を母港としていた。
見知らぬ土地で、海軍勤務の文官・北條周作の妻となったすずさんの日々が始まった。

夫の両親は優しく、義姉の径子は厳しく、その娘の晴美はおっとりしてかわいらしい。隣保班の知多さん、刈谷さん、堂本さんも個性的だ。
配給物資がだんだん減っていく中でも、すずさんは工夫を凝らして食卓をにぎわせ、衣服を作り直し、時には好きな絵を描き、毎日のくらしを積み重ねていく。

ある時、道に迷い遊郭に迷い込んだすずさんは、遊女のリンと出会う。
またある時は、重巡洋艦「青葉」の水兵となった小学校の同級生・水原哲が現れ、すずさんも夫の周作も複雑な想いを抱える。

1945(昭和20)年3月。呉は、空を埋め尽くすほどの数の艦載機による空襲にさらされ、すずさんが大切にしていたものが失われていく。それでも毎日は続く。
そして、昭和20年の夏がやってくる――。

公式サイトより

キャスト

北條すず/のん

北條周作/細谷佳正

黒村径子/尾身美詞

黒村晴美/稲葉菜月

北條円太郎/牛山茂

北條サン/新谷真弓

水原哲/小野大輔

白木リン/岩井七世

浦野すみ/潘めぐみ

浦野十郎/小山剛志

浦野キセノ/津田真澄

森田イト/京田尚子

コメント

タイトルとURLをコピーしました