ゴジラ キング・オブ・モンスターズ 感想(ネタバレ)

★★★★★★★★☆☆

日本が世界に誇る特撮怪獣映画であるゴジラをハリウッドがリブートして制作した映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を5月31日に最速上映でIMAX3Dにて鑑賞してきました。

その感想(ネタバレ)です。

作品データ

公開日:5月31日

製作国:アメリカ

配給:東宝

上映時間:132分

主演:カイル・チャンドラー

監督:マイケル・ドハティ

公式サイト:https://godzilla-movie.jp/

おすすめ度

★★★★★★★★☆☆(8/10)

怪獣たちのクオリティが高すぎる

では詳しく見ていきましょう。

あらすじ

前作から5年後の世界を舞台に、モスラ、ラドン、キングギドラなど続々と復活する神話時代の怪獣たちとゴジラが、世界の覇権をかけて戦いを繰り広げる。また、それによって引き起こされる世界の破滅を阻止しようと、未確認生物特務機関「モナーク」に属する人々が奮闘する姿を描く。

映画.comより

感想(ネタバレ)

モンスターバースシリーズ


2014年に公開された『GODZILLA ゴジラ』からはじまる複数の作品がクロスオーバーするモンスターバースシリーズの第3作目が本作『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』です。2017年に劇場公開され先日、日テレの金曜ロードショーでも放送された『キングコング:髑髏島の巨神』がモンスターバースシリーズの2作目に当たります。すでのこのシリーズの4作目である『ゴジラVSコング』の上映も2020年に公開されることも決まっています。

1作目である『 GODZILLA ゴジラ 』の時にはシリーズに対する示唆などはありませんでしたが2作目である『キングコング:髑髏島の巨神』のエンドロール後には本作『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』でゴジラ、モスラ、ランドン、キングギドラが登場することが示唆されました。

そして本作でも1作目の『GODZILLA ゴジラ』と2作目である『キングコング:髑髏島の巨神』のシーンの回想のようなシーンも出てきて4作目にキングコングが登場することも示唆されました。

次作も楽しみですね。

怪獣たちがかっこよすぎる


前作『GODZILLA ゴジラ』に登場する怪獣はゴジラとムートー2対という合計3体の怪獣しか登場しませんでした。

しかし本作では前作に引き続き登場するゴジラはもちろん、モスラ、ラドン、キングギドラが登場し、他にもいくらか登場します。

そんな多く登場する怪獣たちは一体一体しっかりと作り込まれており、特に先程名前を上げたゴジラ、モスラ、ラドン、キングギドラの4体の作り込み具合はかなりすごかったです。

ゴジラは本シリーズでは人間の味方のような設定のためか強力な力を持つ怪獣という風に描かれているだけでなくゴジラの表情のようなものも描かれていおり今までになかったようなゴジラが観られます。

さらにゴジラの登場シーンでは日本のゴジラで作られ、馴染み深いゴジラのテーマも流れるなどと日本のゴジラファンに嬉しい演出もいくつかあります。

モスラは繭からモスラの成虫が脱出して羽を広げるシーンがあり予告編でも見れるんですがIMAX3Dで鑑賞したためか劇場でこのシーンを観たときは圧巻でした。

劇中でもモスラが繭から脱出して羽を広げるシーンに対して「美しい」と言及されているんですが本当に美しい描写で目が奪われました。

ラドンは火山から登場するシーンからはじまり、体にマグマをまとったようなデザインはかなりかっこいいです。

登場してすぐにキングギドラと戦い敗れ、その後ギドラ側についてゴジラたちと叩くのは残念でしたが。

そしてキングギドラが個人的に本作で最も良かったです。(もとともギドラ好きというのもあると思いますが)

本作のキングギドラは龍を思わせるような3つの顔がある怪獣であることは皆さん知っていることだと思いますがそのデザインがドラゴンボールに登場する神龍のような荘厳な感じで神秘的でかっこいんです。

さらに本作のキングギドラは3つの顔それぞれに個性があるという風に設定されており劇中でも3本の首それぞれが違った動きをしており観ていて楽しかったです。

それぞれ手の混んだ作りのキャラクターでさすがハリウッドのクオリティだなと思いました。

ストーリーはともかくアクションは圧巻


そして4体の怪獣たち戦いは観ていて圧巻でした。

まずゴジラVSキングギドラの戦いが始まり、ギドラVSラドン、ゴジラVSギドラの2戦目、怪獣VS人間、そして最後のゴジラ&モスラVSギドラ&ラドン。作品を通して怪獣たちの戦うシーンは前作よりも圧倒的に多かったです。

どの戦いも観ていて面白かったですがやはりゴジラ&モスラVSギドラ&ラドンの最後の戦いは戦い全部を見ても面白かったですが、特にモスラがゴジラを助けるシーンは元々は敵だった怪獣同士が共通の敵を倒すために協力するというこれぞゴジラシリーズの良さっていうものが出ていて良かったです。(まあモンスターバースシリーズで敵だったことはないんですが)

そしてギドラを倒したあとにギドラの敵を討と言わんばかりにゴジラのもとに集まってきたその他の怪獣たちでしたがゴジラの王の威厳みたいなものを感じたのかゴジラのひれ伏すシーンはかなりかっこよかったです。

タイトルであるキング・オブ・モンスターズというタイトルがピッタリのシーンでした。

本作はストーリー自体はマッドサイエンティストが巨大な力を持つ怪獣たちを復活させて怪獣たちが大暴れするというありきたりな感じで微妙でしたがそれを忘れるぐらい怪獣たちの戦いのアクションはすごいものです。

完全にアクションシーンを楽しみに行く作品です。


画像: (C)2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.

コメント

タイトルとURLをコピーしました