2019年6月公開予定映画おすすめ5選

公開予定映画

4月に公開された映画作品による盛り上がりが嘘のような5月の映画公開作品でしたが6月は4月に公開開始された『アベンジャーズ/エンドゲーム』のその後の世界を描いた『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』や人気シリーズ映画『メン・イン・ブラック』の4作目など注目作品が多く存在します

そんな中、年に120本以上映画館で映画を鑑賞する私が注目する2019年6月に公開される映画を選んで紹介します。

アラジン

6月7日公開

「アラジン」本予告編

ディズニーの名作アニメ『アラジン』を『シャーロック・ホームズ』シリーズを世に送り出したガイ・リッチーが実写化。主人公の一人アラジンを演じるのは本作で初の映画デビューのメナ・マスード、もうひとりの主人公ランプの魔人、ジニーを演じるのは数多くの映画に出演し日本でも人気の俳優ウィル・スミスが務める。ヒロイン、ジャスミンを演じるのはナオミ・スコット。

【ストーリー】

ダイヤモンドの心を持ちながら、本当の自分の居場所を探す貧しい青年アラジンが巡り合ったのは、王宮の外の世界での自由を求める王女ジャスミンと、 “3つの願い”を叶えることができる“ランプの魔人”ジーニー。
果たして3人はこの運命の出会いによって、それぞれの“本当の願い”に気づき、それを叶えることはできるのだろうか──?

公式サイトより

【注目ポイント】

  • ウィル・スミスのランプの魔人
  • アラジンとジャスミンを演じるのが新人俳優
  • アラン・メンケンの名曲に加え、新曲にも注目

公式サイト

メン・イン・ブラック/インターナショナル

6月14日公開

映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』予告4 6月14日(金)公開

人気映画シリーズ『メン・イン・ブラック』の最新作品。監督を務めるのは『ワイルド・スピード ICE BREAK』を世に送り出したF・ゲイリー・グレイ。主演はウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズのコンビから変わり本作から登場のクリス・ヘムズワースとテッサ・トンプソン。

【注目ポイント】

  • F・ゲイリー・グレイの最新作
  • クリス・ヘムズワースとテッサ・トンプソンの『マイティ・ソー』コンビ
  • 主演交代のため本作からでも楽しめる

公式サイト

X-MEN:ダーク・フェニックス

6月22日公開

映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』本予告【最後のX-MEN】編

人気アメコミ、マーベルコミックスを原作とする映画シリーズ『X-MEN』の最新作。監督を務めるのはこれまで『X-MEN』シリーズや『デッドプール』シリーズの制作に携わってきたサイモン・キンバーグ。ジェームズ・マカヴォイやマイケル・ファスベンダーなどのおなじみの俳優が引き続き登場し、本作のヴィラン、ダークフェニックスは『X-MEN:アポカリプス』にも出演したソフィー・ターナー。

【ストーリー】

X-MENのリーダーであるプロフェッサーXの右腕として、メンバーからの信頼も厚い優等生のジーン・グレイだったが、ある宇宙ミッションでの事故をきっかけに、抑え込まれていたもうひとつの人格「ダーク・フェニックス」が解放されてしまう。ジーン自身にも制御不能なダーク・フェニックスは暴走をはじめ、地上の生命体が全滅しかねない、かつてない危機が訪れる。

映画.comより

【注目ポイント】

  • サイモン・キンバーグが監督としてどこまでやるか
  • 20世紀フォックス最後のX-MEN
  • ディズニーの買収にために現シリーズ最終作品となるか

公式サイト

ザ・ファブル

6月22日公開

岡田准一主演『ザ・ファブル』予告編 6.21公開!

週刊ヤングマガジンで連載中の南勝久の人気漫画を江口カンが実写映画化。数多くの漫画が原作の映画に脚本として携わってきた渡辺雄介が脚本を務める。主演は人気アイドルグループV6の岡田准一が務める。

【ストーリー】

超人的な戦闘能力を持つ伝説の殺し屋ファブルは、育ての親であるボスから、1年間殺し屋を休業して普通の人間として生活するよう命じられる。もし誰かを殺したらボスによって処分されてしまうという厳しい条件の中、「佐藤アキラ」という偽名と、相棒ヨウコと兄妹という設定を与えられ、大阪で暮らしはじめたファブルは、生まれて初めての日常生活に悪戦苦闘。そんな中、偶然知り合った女性ミサキがある事件に巻き込まれたことから、ファブルは再び裏社会に乗り込んでいく。

映画.comより

【注目ポイント】

  • 人気漫画の実写化
  • 主演はジャニーズの演技派岡田准一
  • 個性的な脇役たちにも注目

公式サイト

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム

6月28日公開

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』予告(6.28世界最速公開)

人気映画シリーズ「アベンジャーズ」にも登場する日本で最も人気のアメコミキャラと言っても過言ではないスパイダーマンの「アベンジャーズ/エンドゲーム」後を描いた作品でMCU作品23作目にしてMCUスパイダーマンシリーズ2作目、そしてMCUシリーズのファイズ3最後の作品。

主人公ピーター・パーカー(スパイダーマン)を演じるのはMCUスパイダーマンを演じてきたトム・ホランド、監督を務めるのは前作『スパイダーマン:ホームカミング』でも監督をつとめたジョン・ワッツ。

【注目ポイント】

  • 日本が世界最速上映!
  • 世界的大ヒット上映中の『アベンジャーズ/エンドゲーム』のその後のお話
  • 『スパイダーマン/スパイダーバース』と同じように多次元空間を舞台?

公式サイト


気になった作品が合った方はぜひ劇場まで足を運んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました