国内ドラマに強い動画配信サービス ビデオパス

ビデオパス

ビデオパスとはKDDIが提供する幅広いジャンルを取り扱うの動画配信サービス(VOD)で以前はauの携帯回線を持つ人しか登録できませんでしたが今では「Wow!ID」を発行するればどなたでも登録できるようになりました。

さらにauの携帯回線をお持ちの方で「auフラットプラン25 Netflix 」に入っている方は追加料金無しでサービスを利用できます。

基本情報

月額562円(税抜)
無料お試し期間30日間
配信作品数未公開
配信タイプ見放題+レンタル
最高画質HD
ダウンロード機能あり 5台まで
対応デバイススマホ・タブレット、PC、スマートTV
ストリーミングデバイス
同時視聴台数×
支払い方法クレジットカード、携帯決済

基本情報詳細

対応デバイス

スマホ・タブレット…Android4.4以上のデバイス、iOS10以上のデバイス

PC…Windows、Mac

ストリーミングデバイス…AppleTV、Chromecast、Smart TV Stick、Smart TV Box、ケーブルプラスSTB

スマートTV…ソニー、シャープ

支払い方法

クレジットカード…VISA、MasterCard、JCB

携帯決済…au

他のVODと比べて良いところ・悪いところ

良いところ

映画館で割引を得られる

ビデオパスを登録していることによって「TOHOシネマズ」「ユナイテッド・シネマ/シネプレックス」で映画鑑賞料の割引を得られます。

「TOHOシネマズ」では毎週月曜日に鑑賞料金が通常1800円のところを1100円で鑑賞できるようになります。

また高校生以下の方は900円で鑑賞できるようになります。

※同伴者1名にも対応となります。

「ユナイテッド・シネマ/シネプレックス」ではいつでも大人1400円、大学・高校生1300円、シニア1000円、中学生以下・障がい者の方は900円で鑑賞できようになります。

※同伴者2名にも対応となります。

日本ドラマの数が多い

他のVODと比べても日本のドラマの配信数が多いです。

芸人のライブ配信

他のVODではあまりないようなお笑い芸人のライブの配信も行っています。

悪いところ

見放題作品が少ない

ビデオパスは全体的には配信している作品は多いですがレンタル作品が多く、見放題の作品は少ないです。

ビデオパス会員の方は毎月540円のビデオコインというものがもらえますがレンタル1回で消費してしまうのであなたが見たい作品がレンタル作品が多い場合別途課金が必要となります。

ダウンロードできる本数が少ない

ダウンロードできる本数が5本ですので結構少なめです。

まとめ

TOHOシネマズで毎週月曜1100円で映画鑑賞できる特典がつくためよくTOHOシネマズに映画を観に行くという方にはおすすめできるVODです。

しかし全体的に新作映画などはレンタルのほうが多いので新作映画を求める方にはあまりおすすめできないVODです。

30日間無料トライアルが可能なので気になった方はお試しください。

ビデオパス

【PR】


本サイトの情報は2019年5月1日現在の情報です。最新情報はビデオパスの公式サイトもしくはアプリを御覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました