年に120作以上映画館で映画を観る私がおすすめする2019年5月の公開予定映画5選

公開予定映画

4月は人気アニメ『名探偵コナン』や『クレヨンしんちゃん』の映画や世界シリーズ映画1位のMCUシリーズの『アベンジャーズ/エンドゲーム』など前評判の高い作品が多く公開され2月、3月に続き当たりの月でした。

そして5月も数多くの映画が公開されます。その中で年120本以上映画館で映画を鑑賞する私が注目する映画を邦画、洋画、アニメ映画の中から5つ選んで紹介します。

名探偵ピカチュウ

5月3日公開

【公式】映画「名探偵ピカチュウ」予告①

日本の人気ゲームキャラクターがハリウッドデビュー。ロブ・レターマンがメガホンを取りピカチュウに声を当てたのは『デットプール』シリーズでデットプール役を演じたライアン・レイノルズ、ピカチュウと共にコンビを組むのは『ジュラシック・ワールド 炎の王国』にも出演したジャスティス・スミス。その他日本人俳優渡辺謙なども出演。

【ストーリー】

かつてポケモンのことが大好きな少年だったティム(ジャスティス・スミス)は、ポケモンに関わる事件の捜査へ向かったきり、家に戻らなかった父親・ハリーとポケモンを、遠ざけるようになってしまった。それから年月が経ち、大人になったティムのもとにある日、ハリーと同僚だったというヨシダ警部補(渡辺謙)から電話がかかってくる。「お父さんが事故で亡くなった―」。複雑な思いを胸に残したまま、ティムは人間とポケモンが共存する街・ライムシティへと向かう。荷物を整理するため、ハリーの部屋へと向かったティムが出会ったのは、自分にしか聞こえない人間の言葉を話す、名探偵ピカチュウ(ライアン・レイノルズ)だった。かつてハリーの相棒だったという名探偵ピカチュウは、事故の衝撃で記憶を失っていたが、一つだけ確信をもっていることがあった……。「ハリーはまだ生きている」。ハリーは何故、姿を消したのか? ライムシティで起こる事件の謎とは? ふたりの新コンビが今、大事件に立ち向かう!

公式サイトより

【注目ポイント】

  • 日本の人気ゲームが遂にハリウッドに
  • 日本人俳優、渡辺謙も出演
  • 可愛らしいピカチュウにおっさんが声を当てる
  • 人気ポケモン、リザードン、ミュウツー登場

公式サイト

オーヴァーロード

5月10日公開

『オーヴァーロード』特報【2019年5月10日(金)公開】

人気映画シリーズ『スター・ウォーズ』や『ミッション・インポッシブル』などを手がけたJ・J・エイブラムスが制作を務め、本作で映画監督2度目のジュリアス・エイバリーがメガホンを取った。

【ストーリー】

1944年6月、ヨーロッパを圧政するドイツを駆逐するため、連合国遠征軍によるノルマンディー上陸作戦が開始された直後、第101空挺師団は、ある重要な密命を帯びていた。彼らの任務はドイツ占領下のフランス・シエルブランという村に降り、連合軍の通信を妨害している教会の電波塔を破壊することにあったのだ。だが戦闘機は敵兵からの激しい攻撃をくらい、兵士たちは敵の領土へと散り散りに落下していった—。
地上に降り立った師団のひとり、エド・ボイス二等兵(ジョヴァン・アデポ)と、
作戦の指揮をとるフォード伍長(ワイアット・ラッセル)たちは森でクロエ(マティルド・オリヴィエ)という名の女性と遭遇する。彼女は、ナチスの科学者が“研究”と称し、村の住民たちを教会に送り込んでいるのだ、と言う。
タイムリミットまで、残された時間はわずかしかない。教会の内側から塔を破壊するため、ナチスの目をそらし、フォードとボイス、そしてクロエは基地へと進入する。しかし、そこで彼らの前に立ちはだかったのは、今まで見たこともない敵だった。

公式サイトより

【注目ポイント】

  • J・J・エイブラムス作品
  • 数々のヒット作に出演するカート・ラッセルの息子、ワイアット・ラッセルの演技に注目
  • 人気海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』に出演するピルウ・アスベックにも注目

公式サイト

空母いぶき

5月14日公開

『空母いぶき』第一弾予告映像(5月24日 全国ロードショー)

人気漫画『ジパング』『沈黙の艦隊』などを世に送り出した漫画家かわぐちかいじの漫画『空母いぶき』を若松節朗が実写化。数多くの映画に出演する西島秀俊が主演を務める。

【ストーリー】

20XX年、12月23日未明。未曾有の事態が日本を襲う。沖ノ鳥島の西方450キロ、波留間群島初島に国籍不明の武装集団が上陸、わが国の領土が占領されたのだ。海上自衛隊は直ちに小笠原諸島沖で訓練航海中の第5護衛隊群に出動を命じた。その旗艦こそ、自衛隊初の航空機搭載型護衛艦《いぶき》だった。計画段階から「専守防衛」論議の的となり国論を二分してきた《いぶき》。艦長は、航空自衛隊出身の秋津竜太一佐。そしてそれを補佐するのは海上自衛隊生え抜きの副長・新波歳也二佐。現場海域へと向かう彼らを待ち受けていたのは、敵潜水艦からの突然のミサイル攻撃だった。さらに針路上には敵の空母艦隊までもが姿を現す。想定を越えた戦闘状態に突入していく第5護衛隊群。政府はついに「防衛出動」を発令する。迫り来る敵戦闘機に向け、ついに迎撃ミサイルは放たれた……。

公式サイトより

【注目ポイント】

  • かわぐちかいじ原作最新作品
  • 現代日本を舞台にした戦争もの作品
  • 現代日本の軍事力

公式サイト

神と共に 第一章 罪と罰

5月24日公開

『神と共に 第一章:罪と罰』

製作国である韓国だけでなく台湾、香港の東アジア、インドネシア、タイなどの東南アジア諸国さらにはアメリカやカナダでも人気を博した作品が日本上陸。

【ストーリー】

火災現場で少女を救い、壮絶な殉死を遂げた消防士ジャホン(チャ・テヒョン)を迎えた冥界の3人の使者であるカンニム(ハ・ジョンウ)ヘウォンメク(チュ・ジフン)ドクチュン(キム・ヒャンギ)は、「人は亡者になると49日間のうちに7つの地獄で裁判を受けなくてはならない」というルールを言い伝える。その裁判すべてを無罪でクリアした者だけが、現世に生まれ変われるというのだ。かくしてジャホンは3人の使者に導かれ、<殺人、怠惰、ウソ、不義、裏切り、暴力、天倫>という7つの地獄を巡るはめになるが、実直で勤勉な“正義の亡者”であるはずのジャホンの意外な過去が次々と発覚し、冥界と下界を巻き込んだ壮絶なバトルが勃発する!

公式サイトより

【注目ポイント】

  • 韓国の人気ウェブコミック原作
  • 世界的大ヒット
  • アジアトップクラスのVFXアクション

公式サイト

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

5月31日公開

映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』予告3

2014年に上映された『GODZILLA ゴジラ』の続編作品。監督は前作のギャレス・エドワーズから変わり、『X-MEN』シリーズや『スーパーマン リターンズ』などのヒーロー映画の制作に携わるマイケル・ドハティ。前作から引き続き芦沢イチロウ役で渡辺謙が出演。

【ストーリー】

世界各地でモスラ、ラドン、キングギドラという怪獣たちが目覚め彼らが戦闘を繰り広げる。その戦いの舞台となっている地球は壊滅状態に。。

【注目ポイント】

  • ハリウッドゴジラのクオリティの高さ
  • ゴジラ、モスラ、ラドン、キングギドラの戦い
  • 日本人俳優渡辺謙も出演

公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました