年120作以上映画館で映画を見る私が注目する2019年3月に公開予定映画3選①

公開予定映画

先日、3月に公開される映画の中のおすすめ5選を公開しました。

今回は3月第一週目に公開される映画の中で私が注目する映画を3つ選び紹介します。

グリーンブック

【公式】『グリーンブック』3.1(金)公開/本予告

3月1日(金)公開

第91回アカデミー賞作品賞、助演男優賞、脚本賞受賞。他にもゴールデングローブ賞受賞など世界的な映画祭で賞を総なめした作品がいよいよ日本で公開。監督はコメディ映画の天才ピーター・ファレリー。主人公トニー役には過去に二度のアカデミー賞主演男優賞の候補としてノミネートされ、今作でも候補となっていたビゴ・モーテンセンとドクター・シャーリー役には今作でアカデミー賞助演男優賞を受賞し、アリータ・バトル・エンジェルなどにも出演するマハーシャラ・アリ。

1962年、カーネギーホールに住む黒人天才ピアニスト、ドクター・シャーリーは運転手としてガサツな用心棒トニーをスカウト。ドクター・シャーリーは差別の激しいアメリカ南部でのツアーを目論んでいた。彼らは黒人でも泊まれる旅のガイドブック、グリーンブックを頼りにツアーに旅立つ。二人の友情が起こした奇跡とは。。

公式サイト

移動都市 モータル・エンジン

『移動都市/モータル・エンジン』海外版予告3

3月1日(金)公開

ピーター・ジャクソンをはじめとする人気映画「ロード・オブ・ザ・リング」、「ホビット」の製作スタッフ最新作。監督は過去にアカデミー賞視覚効果賞を受賞し、今回初監督となったクリスチャン・リバース。原作はフィリップ・リーブの「移動都市」。主人公ヘスター役はアイスランド・アカデミー賞女優賞を受賞したヘラ・ヒルマー。

最終戦争で世界の大部分がたった60分で滅びた。残された人々は新たに空、海、車輪の上に都市を創った。そんな世界は巨大移動都市ロンドンによって支配されそうになっていた。他の都市を飲み込み大きくなっていくロンドンを前にヘスターをはじめ希望を求める反逆者たちが反移動都市として立ち向かう。。

公式サイト

九月の恋と出会うまで

映画『九月の恋と出会うまで』予告【HD】2019年3月1日(金)公開

3月1日(金)公開

SF作家、松尾由美の人気作を映画化!メガホンを取ったのは人気映画「永遠の0」や「亜人」の他、数多くの映画製作に携わってきた山本透。主演は「空飛ぶタイヤ」や「億男」など近年の映画に多く出演する高橋一生と恋愛映画に引っ張りだこな川口春奈。

あるマンションに引っ越してきたばかりの志織は小説家志望の隣人、平野と出会う。ある日志織は部屋で「こちらは一年後の未来です。あなたに危機が迫っている」という不思議な声を聞いた。それは彼女の命を強盗殺人から救うために発せられた未来からの声だった。しかし、平野は本来生きているはずのない志織が生きているということはタイムパラドックスが起こり、いずれ志織は消えてしまうということに気がつく。彼女を救うには未来の声の主を探し、一年後に同じことをしてもらわなければいけない。共に声の主を探していくうちに惹かれ合う二人。しかし、彼らに近づくタイムリミット。声の主は一体誰なのか。そして二人の運命は。。

公式サイト

気になる映画がありましたぜひ映画館まで足を運んでみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました