恋愛SFアクションアニメ?  あした世界が終わるとしても レビュー

2019年1月25日(金)あした世界が終わるとしてもが公開されました。早速本作のレビューをしていきたいと思います。

あらすじ

幼い頃母を突然死でなくした狭間真。クラスメイトで幼馴染である泉琴莉を高3の秋にデートに誘う。デートの最後彼は彼女に思いを伝えようとする。しかしその時琴莉の携帯に真の父が突然死した連絡が入る。母に続き父までも。父の死後、真の前にジンと名乗る真とそっくりな男が現れた。「俺はお前だ」ジンはそう真につたえ、彼が来た真たちが住む世界と相対するもう一つの世界「日本公国」について語る。2つの世界には互いに相対する人物が存在し、一つの世界で死ぬともう一つの世界でも死ぬ。真の母と父の死は日本公国で独裁者公女コトコによって処刑されたためであった。ジンはこの公女コトコに相対する人物を殺すために真たちの世界に来たのだ。そう伝えられ困惑する真の前に琴莉が現れる。その時ジンが驚くべき言葉を発する。「あいつがこの世界の公女」そう琴莉が日本公国の公女コトコだったのだ。はたして真とジン、真と琴莉、琴莉とコトコ、彼らを巡る運命はどうなるのか。

感想

2つの相対する世界、相対する人物のどちらかが死ぬともう片方も死ぬという設定に特別に新鮮味は感じられるわけではないがその中に恋愛要素やアクションバトル要素を組み込んだのは面白ったです。本作品はフルCG アニメーションが使用されました。しかしこのことでこの作品の良さをあげた部分もあれば下げた場面もありました。良かった点でいうとやっぱりバトルシーンですね。「ドラゴンボール超 ブロリー」でもそうでしたがCGを使用することによって迫力のあるバトルシーンを表現することができ、観ていてとてもワクワクしました。その一方で日常シーンにおいては悪かった点が出ていましたね。手描きアニメでは出せる繊細の顔の表情だったりがフルCGアニメにしたことによって出せていないところがもったいなかったですね~

おすすめ度

★★★★★★★☆☆☆(7/10)

ストーリー的にはとても面白い作品だと思いました。恋愛要素、アクションバトル要素ではとても満足しています。しかし世界設定では少々意味不明な部分があった(ネタバレになりますので詳しくは述べませんが)ので評価を少し下げました。

あとCGアニメーションを見慣れていない人にとっては違和感のあるアニメーションだと思いますのでそういった方々に対してはあまりおすすめできないです。

キャスト

狭間真:梶裕貴  ジン:中島ヨシキ  泉琴莉を:内田真礼  コトコ:千本木彩花  ミコ:悠木碧  リコ:水瀬いのり  狭間源司:津田健次郎  泉宗:森川智之  ユーリ:水樹奈々  ナレーション:古谷徹

スタッフ

監督・脚本:櫻木優平 

作品データ

製作国:日本

配給:松竹

上映時間:93分

コメント

タイトルとURLをコピーしました