橋本環奈の撫肩を見るための映画です。  十二人の死にたい子どもたち レビュー

2019年1月25日(金)に十二人の死にたい子どもたちが公開されまし。早速本作のレビューをしていきたいと思います。

あらすじ

それぞれ理由で死にたいと思っている12人の子どもたち。もともと面識もない彼らが集団安楽死をするためにとある廃病院に集まった。しかしそこには12人しかいないはずなのに13人目の謎の存在の死体があった。この死体は誰なのか?誰かに殺されたのか?安心して死ぬために死体の謎を解き明かす。そして謎が解き明かされていくごとに明らかになる彼らそれぞれの死にたいと思う理由。そして解き明かされた死体の真実の先に待つ彼らの結末は。。

感想

タイトルに衝撃を受けて観たいと思っている人も多いのではないでしょうか。私自身もタイトル惹きつけられ観た一人です。

感想を一言で述べるなら「薄い作品だな」ということですね。12人の子どもたちにはそれぞれ死にたいと思う理由があり、話が進むに連れてそれぞれの死にたい理由が明らかになるんですが2時間映画に謎解きに加え、12人それぞれの死にたい理由まで明らかにしようとしたら、色んな所が薄い話にもなりますよね。ワンクールのドラマでもっと子どもたちそれぞれを深掘りしたら、もっと面白い作品になっていたかもしれないですね。それに予告編で流れる「死にたいけど殺されるのは嫌だ」というのがありますがストーリーの中でこのことに触れたシーンはなかった気がします。予告詐欺ってやつですかね。

もちろんいいところもありますよ。ギャルのマイ、空気の読めないケンイチはいいキャラしてますし、ほかにもいい演技する役者さんもいましたし、真剣佑はかっこいいし、橋本環奈は撫肩めちゃ披露してるけどかわいいし。こんなにも面白い点がありますね。

おすすめ度

★★★★★☆☆☆☆☆(5/10)

あまりおすすめをする映画ではありませんね。タイトルと予告に騙されます。わざわざこの映画を見るために外に出て映画館に行く必要はないと思います。外出中にたまたま二時間位暇な時間ができて、たまたま映画館が近くにあって、たまたまその時間から始まるのがこの映画だけだったときに見る映画です。

もしくは好きな俳優がいるなどの理由で見に行くのもいいかもしれませんね。私は橋本環奈さんの撫肩を見れただけで満足です。

キャスト

アンリ:杉咲花            

シンジロウ:新田真剣佑

ノブオ:北村匠海

サトシ:高杉真宙

メイコ:黒島結菜

リョウコ:橋本環奈

マイ:吉川愛     タカヒロ:萩原利久

ケンイチ:渕野右登  セイゴ:坂東龍汰

ミツエ:古川琴音   ユキ:竹内愛紗

スタッフ

監督:堤幸彦

脚本:倉持裕

原作:沖方丁(12人の死にたい子どもたち)

作品データ

製作国:日本

配給:ワーナー・ブラザース

上映時間:118分

コメント

タイトルとURLをコピーしました