劇場版PSYCHO-PASS サイコパス  公開直前企画 第二弾

Uncategorized

劇場版PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1 罪と罰 がいよいよ公開されます。 そんなPSYCHO-PASSの劇場公開の直前企画として前回は第一弾企画を行いました。 今回はその続き。

第二弾はアニメPSYCHO-PASS一期を振り返ります。

アニメPSYCHO-PASS 第一期

アニメPSYCHO-PASSは2012年10月方2013年3月までフジテレビにて全22話放送されました。

現在いろいろ評価の低いフジテレビで2クールアニメとして放送されたんですよね。この時期はまだフジテレビがギリギリテレビ界の覇権を握っていた時代ですか、たしか。。あんま覚えてないですけど。まあそんなことはどうでもいいね。

サイコパスの世界

舞台は2112年日本。

人々は理想的な生活をおくるため人間のあらゆる心理状態や性格をシビュラシステムと呼ばれる機会が犯罪係数というものを計測していた。その数値によって犯罪者を見つけ出し取り締まったり、まだ犯罪を行っていないが犯罪を犯しそうな精神状態の人間で犯罪係数が高くなった人たちを前もって潜在犯として裁く。 そんな社会。 

人々はこのシビュラシステムを完璧なものとして信じ込んで安心して暮らしていた。

そんな社会を取り締まっているのが警察組織の公安局の監視官と執行官。   

彼らはシビュラシステムと連動したドミネーターと呼ばれる拳銃のようなもので日本を取り締まっていた。

この公安局の監視官と執行官のメンバーたちの活躍を描いた近未来的なSF作品です。

※以下ネタバレが含まれます

あらすじ

新任監視官として常守朱が公安局に就任する。彼女は彼女の部下の執行官たちと行動をともにする。

しかし同じ公安局のメンバーである執行官たちは実は犯罪に詳しく理解できてしまうがゆえに犯罪係数が高いのだ。そのため彼らは犯罪者や犯罪者予備軍として監視官の手伝いをする。

そんな執行官の一人の狡噛慎也。 この狡噛慎也と常守朱が第一期のメインキャラクターとして話は進む。

常守が就任してからシビュラシステムの目をかいくぐって様々な事件起こっていく。そんな事件を解決し話が進むにつれて狡噛はかつて執行官としてではなく監視官として公安局に所属していたという事実が明かされる。

彼は監視官であった当時、捜査していた事件に没頭しすぎ犯罪係数が上がってしまい執行官に落とされてしまったのだ。 そんな彼は執行官になってからもその事件を追い判明した「マキシマ」という単語を唯一の手がかりとして操作を続けていた。

そんなある日ある一件の事件が起こった。その事件はかつて狡噛がおっていた事件と似たものであったためにその影に「マキシマ」につながる物があると疑い始める。

ついに常守がマキシマの正体である槙島聖護に遭遇し、捕らえようと試みる。しかし常守がドミネーターヲ槙島に向けても彼の犯罪係数は一般人のそれと変わらないものだった。なんと彼はどんな凶悪なことを行っても犯罪係数が上がらない免疫体質という特異な体質の持ち主だったのだ。

槙島のことを公安局の局長に報告した常守だが免疫体質のことを世間に公開したらシビュラシステムというものを根底から覆す恐れがあるとその事実を隠蔽される。

槙島はシビュラシステムの正体を暴くためにシビュラシステムの本体があると予想される場所を襲撃。それを予想した常守と狡噛が槙島に立ち向かい死闘を繰り広げる。なんとか槙島の確保に成功した常守は彼を局長に受け渡した。

このことで事件は解決すると考えられた。

しかし局長は槙島の護送中に彼に驚くべき真実を語る。シビュラシステムの正体だ。その正体とは免疫体質を持つ人間200人以上の脳を組み合わせた演算システムであり局長もシステムの一部であるということ。そして局長は槙島をシステムの一部になるように誘うが彼はそれを拒否し、その場から逃走することに成功する。

槙島の逃走をを知った狡噛は次は槙島を捕らえるのではなく殺害を決意。しかしシビュラシステムに槙島を取り込もうとするシビュラは槙島の殺害を考える狡噛を捜査から外すように指示。捜査から外された狡噛は槙島殺害のため公安局から去ることを決意。執行官であった彼は犯罪係数が高かったため公安局から去るということは犯罪者として追われる立場になるということ。彼はかつての仲間たちに追われながら槙島を追うことになった。

逃走した槙島は日本の食糧自給を崩壊させるためにバイオテロ決行を企む。

槙島の企みを阻止するために狡噛と槙島と狡噛の確保のために動く常守を始めとする公安局のメンバーたち。執行官の犠牲もあり槙島の企みを阻止に成功したがさらなる逃走を図った狡噛が槙島を殺害し逃走。

第一期はこうして幕を閉じた。

感想

科学技術の発展に伴うAIの台頭によりAIが人間の世界を支配した。そんなイメージを私はこの作品に持ちます。私達の社会においてもAIの進化にともないAIが私達の世界を支配する、そんな世界が来るんじゃないかと考えるだけでなんだかゾッとしますね。

私は第一期の好きなシーンは狡噛と槙島の初対面のシーンとその後の戦闘のシーンですね。知的な槙島と狡噛の会話のシーン、そして第一話の冒頭に繋がる「お前は狡噛慎也だ」「お前は槙島聖護だ」とお互いにお互いの名前を言うシーン、なにか男である私でも何かそそられるものがありました。 それに続く身体能力の高い二人のダイナミックな戦闘シーンはかなり見ごたえのあるものです。そこが一番のおすすめですね。

今回も読んでいただきありがとうございました。

次はアニメ第二期を振り返りたいと思います。

コメント

  1. […] 劇場版PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1 罪と罰 がいよいよ公開されます。 そんなPSYCHO-PASSの劇場公開の直前企画として前回は第一弾企画、第二弾企画を行いました。 今回はその続き。 […]

タイトルとURLをコピーしました